料理豆知識のページへとんかつ一番「豚肉の栄養」
豚肉の成分栄養素
名称体内所在体内への働き
たんぱく質第一の働きは体を作ります。エネルギー源にも利用
筋肉、皮膚、血液、骨等の材料になるのを始め、ホルモン、酵素、免疫物質等を作る原料にもなります。
脂質主にエネルギー源として使われます。
体を構成する成分としても使います。ホルモンの原料・細胞膜の成分・脂質性ビタミンの吸収を促し、体内に蓄える働きもします。神経の機能にもかかわりがあります。
糖質体内でブドウ糖に変わりエネルギー源として使われます。最も重要なエネルギー源です。糖質はとり過ぎると、体脂肪に変わり、肥満を招く事になります。
カルシュウム99%は骨や歯の成分に成ります。残りは血液、筋肉、神経等に含まれます。
骨や歯を作る他、細胞の情報伝達や血液の凝固作用等に関係しています。心筋の収縮作用を増やす働きもします。
不足すると、骨や歯が弱くなり、神経過敏に成りイライラしがちに成ります。
リン約80%は骨と歯の成分に成ります。残りの20%は体全体の組織に含まれます。
骨や歯を作る他、糖質の代謝を助けたりエネルギーを蓄えたりします。欠乏すると骨や歯が弱くなりますが、通常は不足する事は有りません。リンを取り過ぎるとカルシュウムの吸収が悪くなります。
赤血球のヘモグロビンや筋肉のミオグロビン等に含まれます。
ヘモグロビンは酸素を運び、ミオグロビンは血液中の酸素を細胞に取り込ます働きをします。細胞の鉄は栄養素の燃焼に役立っています。不足してくると貧血になり、疲れやすく、物忘れが酷くなってきます。
ナトリウム1/3は骨格に使われ、残りは体液中に含まれます。
水分の代謝を保って細胞の機能を維持します。筋肉や神経の興奮性を正常化します。長い間欠乏した場合、消化液の分泌が減り、倦怠や精神不安を招いたりします。
日本人は取りすぎの傾向が有ります。「食塩、醤油等」
カリウムリン酸塩として、あるいは細胞内に有ります。心臓や筋肉の機能を調整します。細胞内液の浸透圧が一定に保たれるように調整します。欠乏すると筋力が低下したり知覚が鈍くなって反射が低下してきます。
名称性質・特徴体内への働き
ビタミンA「脂溶性」
酸化、乾燥、高熱で壊れます。
皮膚や粘膜を健康に保つ働きと、細菌等に対する抵抗力を増やす働きが有ります。
欠乏すると、夜盲症や感染に対する抵抗力の低下等が起こります。
ビタミンB1「水溶性」
水に溶けやすい!調理による損失が大きいです。
消化液の分泌を促し、食欲を増進させます。炭水化物の代謝に関与しています。
欠乏すると、便秘、脚気、むくみ、消化不良、多発性神経炎、心肥大等が起こります。
ビタミンB2「水溶性」
水に少し溶けますが、熱や酸に強い。光やアルカリには不安定。
成長を促進します。酵素の成分として、炭水化物、アミノ酸、脂質の代謝に必要です。
欠乏すると、成長が止まったり、口唇炎等が起こります。
ナイアシン「水溶性」
水に少し溶けます。熱、光、酸、アルカリに強い。
酵素の成分になります。胃腸の働きを正常に保つのと、皮膚の健康も保ちます。
欠乏すると、口舌炎、皮膚炎、胃腸病、ペラグラ、神経症状等が起こります。
ビタミンC「水溶性」
水に少し溶けやすい。熱、空気、アルカリに壊れやすい。
細胞内の呼吸作用に関与します。コラーゲンの生成を増やし、細胞間の結合組織を強くします。
欠乏すると、皮下出血、壊血病、貧血、骨形成不全等が起こります。


注意  ビタミンには二種類のタイプが存在します。

水溶性
水に溶ける性質から大量に摂取しても余分な物は尿で排泄されます。体内に蓄積しません。不足しないように日々の摂取が必要です。

脂溶性
水では溶けずに脂肪に溶ける性質から体内へ蓄積が可能ですが、摂取し過ぎると過剰症を起こす事が有ります。

料理豆知識のページへ

ホームページ
メニューへ

新着・更新情報料理のメニュー料理のメニュー2とんかつ一番お薦めメニューお弁当の紹介料理行程の紹介 当店の紹介
当店周辺の観光と見所ハーブや豚肉の豆知識ギャラリーとんかつのアンケートお手紙

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.