伊東甲子太郎外数名殉難の地

新撰組を中心とした幕末の歴史です。

新選組の歴史を紹介しています。上の新選組歴史年表をクリックすると年表のページが開きます。

伊東甲子太郎外数名殉難の地
伊東甲子太郎は常睦(茨城県)の出身で、学問もでき、剣は北辰一刀流の名手であった。
元治元年(1864)に門弟ら七人を率いて新選組に入隊し、参謀として重視された。
 しかし、尊王派であった伊東は、次第に隊長近藤勇と相反するようになり、慶応三年(1867)三月に同志十五人とともに新撰組を脱退して御陵衛士となり、高台寺月真院を屯所とした。その後、薩摩藩の援助を受け、盛んに討幕を説いた。
 しかし、新選組との対立は深く、同年十一月近藤勇らは、伊東を招いて酒をふるまい、酔った伊東をその帰路、この地で刺殺した。
 この知らせを聞いた伊東一派は、直ちに駆け付けたが、待ち伏せしていた新撰組数十名の隊士に襲われ、三名が斬られた。世にこれを油小路七条の変という。

観光ページの新着・更新情報西本願寺のページへ龍谷大学のページへ京都・島原のページへJR梅小路機関車館のページへ梅小路公園のページへ
京町家のページへ東寺のページへ

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.