京都島原輪違屋

輪違屋
島原輪違屋
 輪違屋は、太夫や芸妓をかかえていた由緒ある置屋で、元禄年間(1688〜1704)の創業と伝えられています。
 現在の建物は、安政四年(1857)に再建されたといわれますが、その後増改築がなされて、明治四年(1871)には、ほぼ現在の姿になっていました。
 平面構成は複雑だが、大きく分ければ、一階南半分の居室部分と、一階北半分及び二階をしめる客室部分からなります。客室は全部で十数室あり、なかでも二階の傘の間と紅葉の間が主要な座敷で、その襖や壁の漸新な意匠には目を見張るものがあります。
 輪違屋は、建築的には質が高く、また古い置屋の遺構として貴重であり、昭和五十九年六月一日、京都市指定有形文化財に指定されています。

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.