京都島原角屋

角屋
島原角屋「重要文化財」
 島原は、我国最初の花街で、当初は二条柳馬場に開かれ、その後六条三筋町に移転し、さらに寛永十八年(1641)にこの地に移転した。急な移転騒動が、当時の九州で起こった島原の乱に似ていたことから、島原と呼ばれています。
 島原には、揚屋と置屋があり、揚屋は太夫、芸妓等を一切かかえず、置屋から太夫等を呼んで宴会を催す場でした。この角屋は島原開基以来連綿と家督を維持守成してきた揚屋です。
 角屋の建物は、揚屋建築唯一の遺構として昭和二十七年に国の重要文化財に指定されました。また、絵などは応挙・蕪村など、当時一流の画人の作品で、特に蕪村の「紅白梅図」の大作は重要文化財に指定されています。
 江戸中期の島原には、俳檀が形成されており、中でも角屋の六代目・七代目の当主は、蕪村・太祇らを師として俳檀の中核として活躍していました。
 幕末には西郷隆盛・久坂元瑞などの勤王志士達が、軍用金調達のため時の豪商を角屋へ招いて会談を行ったところであり、また彼等を探し求めた新撰組が乱舞した場所でもあります。
 このように角屋は、江戸時代の社交遊宴文化の場であった揚屋文化の余香を今に伝えています。
角屋玄関:表構え
角屋玄関:中戸口
長州藩志士
久坂玄瑞の密議の角屋
石標裏面文
久坂玄瑞は 吉田松陰死後塾徒を率い 尊攘に挺身 文久政変に山口へ七卿落ちを斡旋するも 元治元甲子年七月 蛤御門(はまぐりごもん)の変に遭い 壮烈な死を遂げた 享年二十五 角屋は玄端が屡々暗殺の難を避け潜行密議した場所である  

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.