京都島原大門

京都市登録有形文化財
島原大門一棟
 島原は、寛永十八年(1641)に六条三筋町から移されたわが国最初の公許の花街です。当時、四周は堀と塀で囲まれ、門はその東辺北寄りに設けられていました。その後、享保十七年(1732)には西辺にも門が設けられました。東辺北寄りの門は、昭和三年(1766)道筋(どうすじ)と呼ばれていた道の東端である現在地に付け替えられました。
 東辺の門は、享保十四年(1729)には冠木門(かぶきもん)であったと考えられ、その後塀重門、さらに腕木門(うできもん)へと変更されました。嘉永七年(1854)八月の大火では、島原の東側は大半が類焼しており、この時門も焼失したと考えられています。大火後、門は再建されましたが、慶応三年(1867)五月には再び建て替えられました。これが現在の大門です。
 この門は、本柱上の屋根の他に後方の控柱(ひかえばしら)上にも小屋根をのせた高麗門で、前には「出口柳」が植えられ、「さらば垣」がめぐらされて今日も当時の趣を伝えており、島原の由緒を伝える地域の文化財として貴重です。

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.