龍谷大学本館(重要文化財)

 本館(正面中央建物)は、本願寺大教校としてしようされた学舎で、明治十年(1877)1月、本願寺二十一世明如上人の時に起工し、二年後の明治十二年(1879)1月に竣工、同年5月に落成式を行った。
 構造は、木骨石貼寄棟造、桟瓦葺、二階建で関西における洋風建築の先駆をなす斬新な建物として重要な意味を持ち国の重要文化財に指定されています。内部一階には十字型廊下で仕切られた左右同型の部屋が6室、二階には東側に本尊阿弥陀如来像を安置する講堂、西側に階下と同系の二部屋があります。柱、アーチ、手摺など各部に洋風の意匠を取り入れているが、中でも鉄製門扉、窓、手摺等は、ロンドンから取り寄せたものです。
 この本間の左右には同年建設の学寮(木造切妻造、桟瓦葺、2階建)が対象に並び、また建物周囲には、石造の表門を中心に石垣(当初はこの上に鉄柵が設けられていた)がめぐらされているなど、明治期の大学の優美な姿を今に伝えるものです。
一階正面入り口から
二階講堂内阿弥陀如来像

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.