大玄関門と西本願寺外周
阿弥陀堂門
唐門
経蔵
書院
飛雲閣
御影堂
大玄関太鼓桜(桜閣)能舞台阿弥陀堂廊下銀杏木西本願寺境内阿弥陀堂内部
西本願寺境内図
阿弥陀堂
百華園
書院
総御堂(阿弥陀堂)百華園鐘桜
唐門
御影堂
HOME

飛雲閣 飛雲閣 御影堂門 阿弥陀堂門 銀杏木 飛雲閣 堀川通り 国道1号線 御影堂 阿弥陀堂 阿弥陀堂 堀川通り 国道1号線 開法会館 参拝会館 経蔵 太鼓桜 門徒会館 境内 境内 駐車場 百華園 開法会館 宗務所 阿弥陀堂 中央幼稚園 書院 大玄関 百華園 御影堂 阿弥陀堂 参拝部分室
☆画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
御影堂「修復中」
飛雲閣
唐門
大玄関門
書院
中央幼稚園
門徒会館
百華園
書院
虎渓の庭
南能舞台
北能舞台
大玄関
百華池
百華園
黄鶴台
鐘桜
滄狼池
黒書院
 宗名: 浄土真宗本願寺派(西本願寺)
 宗祖: 見真大師親鸞聖人(1173〜1262)
 本尊: 阿弥陀仏如来(南無阿弥陀仏)
 門主: 大谷光真

 西本願寺ホームページへ
http://www.hongwanji.or.jp/
本願寺(西本願寺)
 浄土真宗本願寺派の本山。竜谷山本願寺と号し、一般的には西本願寺と言われています。
本願寺は文永九年(1272)宗祖親鸞聖人のむすめ覚信尼が、東山大谷に仏閣を建て、親鸞聖人の御影を安置したことにはじまり、本願寺第八代蓮如上人の時(室町時代)に、教団は飛躍的に発展した。しかし、寺地は山科、大阪など各地を転々とし、天正十九年(1591)豊臣秀吉からこの地を寄進された。
 当時の建物の配置と構造は、真宗建築の典型で、御影堂が本堂よりも大きく、また堂内には自由に参拝できるよう造られている。御影堂(ごえいどう)の後ろには、寛永九年(1632)ごろ建築された書院(国宝)があり、建築や彫刻に粋をこらし豪華なふすま絵で飾られている。飛雲閣(国宝)は、豊臣秀吉の建てた聚楽第の遺構といわれ、桃山時代様式の邸宅建築として特色を有している。このほか唐門、北能舞台の建物や親鸞聖人御影など、多数の文化財を蔵している。
西本願寺 建物紹介
大師堂「御影堂or祖師堂」とも言い、信仰の中心となる大切なお堂です。(700畳敷)
宗祖親鸞上人の骨肉の木像が安置されています。
骨肉像とは人骨や人灰を漆などに溶かして混ぜ木像の像に塗った物です。
単層入母屋造本瓦葺の建築物で、寛永十三年に建てられた物です。(重要文化財。Important cultural property.)
「現在,、修復中(平成大修復)」
阿弥陀堂阿弥陀如来を御祀りしてあります。
聖徳大師と法然上人の画像も御祀りしてあります。
宝暦十年(1760年)の建造物です。(重要文化財。Important cultural property.)
飛雲閣滴翠園の中に在る滄浪池に面して飛雲閣が在ります。(国宝。National treasure.) 
豊臣秀吉が聚落第(邸宅)に建てた物を現在の場所へ寛永の頃、移しました。
柿葺三階建の楼閣です。「楼閣」の金閣や銀閣は住宅と仏殿が組み合わされた物です。
飛雲閣の楼閣の場合、住宅と茶室が組み合わされた建築物で、太閣(豊臣秀吉)遺愛の茶室や浴場「黄鶴台」が在ります。 
(一般拝観出来ません。A general visit cannot be carried out.)
黄鶴台太閤遺愛の浴場を黄鶴台と言います。(国宝。National treasure.) 
蒸風呂「現在のサウナ」と湯釜と水槽が在ります。
床は板張りで、布を敷いて座るようになっていました。秀吉の体が小さい為に、その敷物で体をすっかり包んでしまえた事柄から、品物を包む布を風呂敷と言うように成ったと伝えられています。
(一般拝観出来ません。A general visit cannot be carried out.)
大書院白書院・黒書院・能舞台等は、美術、建築では史上有名な建築物です。(国宝。National treasure.)
黒書院を除く建物は伏見城遺構9年に移したと言われ、桃山時代の豪華な文化を今に見せています。 
(一般拝観出来ません。A general visit cannot be carried out.)
唐門「日暮門」とも呼ばれています。 (修復されています。見応え有り!)
寛永八年に伏見城から移されました。
桃山時代の唐門の代表的な建築物です。(国宝。National treasure.)
太鼓桜太鼓桜のページへ
能舞台能舞台のページへ
大玄関大玄関のページへ
西本願寺内で拝観できる場所は、拝観無料です。Visit no charge.
本願寺の豆知識
本願寺発祥は大谷本廟ですが、もとは大谷の西、吉水の北(現在の知恩院境内崇泰院の辺り)にあって文永9年(1272)に、六角の廟堂を建て大谷廟堂と称し、聖人の末娘(覚信尼)や門弟たちによって建立、護持され、それが大谷本願寺へと発展しました。

本願寺は色んな場所(山科「京都」>大阪>和歌山)を経て、豊臣秀吉によって、現在の場所(京都市下京区)に移されました。

御影堂の正面(東側)に在る大きな銀杏木は、根を上にして植えたと言い伝えられる逆さ銀杏で、逆さに植えた事から、枝が下向きに伸びると言い伝えられています。天明の大火の時、御影堂に火が移るのを水を吹いて防いだと伝えられる事から、水吹き銀杏とも呼ばれています。

飛雲閣は、金閣&銀閣と共に、京都三名閣に数えられています。

西本願寺と東本願寺は、元をただせば一つの本願寺と言うお寺でしたが、徳川家康が本願寺の勢力を恐れて二つに分け、慶長7年に教如上人が開山したのが、東本願寺の起こりです。
親鸞聖人影像  鏡御影(国宝)
親鸞聖人の崇高な風格を墨線のみで見事に写し出した鏡御影は、鎌倉時代の似絵の最高傑作の一つとして著名です。細線で丁寧に描かれた顔と、身体のデッサン風の筆遣いの妙が御影の迫真度を増しています。筆者は、似絵の大成者・藤原信実の子の専阿弥陀仏。
 西本願寺
 TEL: 075-371-5181 FAX: 075-371-7601
 〒600−8358
 京都市下京区堀川通花屋町下ル
  浄土真宗本願寺派 本願寺
 大谷本廟
 TEL: 075-531-4171 FAX: 075-531-2072
 京都市東山区五条橋東6丁目=五条坂
案内のページ
観光ページの新着・更新情報西本願寺のページへ龍谷大学のページへ京都・島原のページへJR梅小路機関車館のページへ梅小路公園のページへ
京町家のページへ東寺のページへ

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.
西本願寺