東寺「教王護国寺」
大日如来
Quick catagory jump

真言宗総本山東寺「教王護国寺」
金堂&講堂
宝蔵
大師堂:西院御影堂
食堂
五重塔「夜間照明」
五重塔
南大門
本坊
立体曼荼羅「講堂内」

大師堂と鐘桜食堂

講堂と金堂

五重塔
南大門
 写真をクリックして頂くと拡大表示になります。
薬師三尊&十二神将「金堂内」大宮通りから見た東寺五重塔十二神将不動明王帝釈天半跏像(国宝)帝釈天
梵天



教王護国寺(東寺)

 真言宗の総本山です。延暦十五年(796)、平安京遷都とともに羅城門の東に創建されました。弘仁十四年(822)嵯峨天皇から、空海(弘法大師)に給預され、真言宗の根本道場となりました。中世には朝廷・公家・武家の信仰を集め、諸堂の法会がさかんに行われ、その庄園の数も八十数ヵ所に及びました。 また、東寺の「三宝」といわれる頼宝・杲宝・賢宝などの学僧を輩出しています。 弘法大師に対する庶民の信仰は深く、毎月二十一日の大師命日(御影供)は「弘法さん」と呼ばれ、数万人の参詣者で賑わっています。

 東寺の伽藍は文明十八年(1486)の土一揆などで大半を焼失したが、古式に則って再建され現在に至っています。 京都のシンボルとして有名な五重塔(国宝)は高さ54.84mでわが国最高の塔です。 講堂(重要文化財)内部には創建以来の仏像を含め二十一の仏像が安置されています。大師堂(国宝)は仏師運慶の子康勝が製作した弘法大師像(国宝)を安置している。 これらの他に、伝真言院曼荼羅(国宝)や風信帖(国宝)などをはじめとする彫刻・絵画・工芸品・書籍・典籍等、多数の国宝・重要文化財などを所蔵する我国の仏教美術の宝庫です。

東寺の年中行事
行事日程備考
初詣 1月 1日〜 3日五重塔=初層公開
修正会 1月 3日牛玉宝印授与
後七日御修法 1月 8日〜14日    
初弘法 1月21日
春の彼岸会 3月21日
降誕会 6月15日
万灯会 8月15日    PM5:00盆踊り大会/雨天の場合は16日
秋の彼岸会 9月21日   
鎮守八幡菩薩会11月15日
終い弘法12月21日
月例日程
大般若会毎月: 1日
布薩会毎月:15日
御影供毎月:21日
骨董市毎月:第一日曜日
宝物館特別公開
春季 3月20日〜 5月25日
秋季 9月20日〜11月25日
タレパンダさん情報提供有難うございます。
back
東寺略年表
廷暦一三794平安京に還都する。
廷暦一五796東寺の造営が始まる。
廷暦二三804空海唐に留学する。
大同 一806空海真言密教を学び帰朝する。
弘仁一四823空海東寺を賜わる。
天長 二825空海講堂および講堂緒尊の造営を始める。
天長 三826空海五重塔の造営に着工する。
承和 二8353月二十一日空海高野山に入定する。
承和 六839講堂緒尊の開眼供養する。
元慶 一877五重塔完成する「着工より五十二年目にあたる」
寛平 七895食堂に千手観音像造立する。
延喜二一921「弘法大師」の名を贈られる。
天喜 三1055五重塔落雷のため焼失する。
建久 八1197文覚上人東寺を修造する・運慶一門講堂諸尊を修理する。
天福 一1233大師堂(御影堂)に弘法大師像(仏師康勝作)を安置する。
建武 三1336足利尊氏本陣を東寺に置く。
文明一八1486伽藍焼失する「五重塔・大師堂など残る」
廷徳 三1491講堂の再建を始める。
明応 六1497講堂の大日如来像再建する。
永禄一一1568信長入京し東寺を宿所とする。
文禄 五1596講堂など大地震により大破する。
慶長 四1599豊臣秀頼、片桐且元を奉行として金堂の再建に着手する。
慶長 八1603金堂の薬師三尊像(仏師康勝作)新らたに作られる。
慶長一〇1605 金堂完成する「現在に至る」
この頃秀吉の北政所、講堂を修復する。
寛永一二1635五重塔焼失する「四度目の災」
寛永一八1641徳川家光の発願により塔の再建を始める。
正保 一1644五重塔完成する「現在に至る」

東寺豆知識
・東寺の五重塔は日本に残されている古い塔の中では一番高い塔です。高さは54.84メートル有ります。

平安京平面図・東寺より少し西に羅城門跡(現在は碑のみ存在)が在り、羅城門を中心に東側に有るので東寺!当然西には西寺が在る筈ですが、現在は公園になり公園の中央に碑(石塔)が残るだけになっています。(西寺公園)

南大門は慶長6年建立で、もとは三十三間堂の西門でしたが明治28年に東寺に移されました。三十三間堂当初の西門は、九頭竜門と呼んでいましたが、痛みがひどく、クズレ門と呼ばれていました。明治28年に、この門を東寺が800円で買い取りました。

・2000年に弘法大師像が国宝に指定されております。「大師堂の中に在ります」

・弘法大師は口に筆をくわえ、左右の手足にそれぞれ一本ずつ合計5本の筆を操り、一度に楷書・草書の文字を書き分けたことから、「五筆和尚」と呼ばれていたといいます。(本朝神仙伝)
東寺・西寺 比較配置図
平安京平面図
曼荼羅
弘法さんor弘法市

東寺では、毎月21日に弘法さん(弘法市)と言う縁日が開催されています。北野天満宮の天神さん(天神市)も有名で毎月25日に開かれています。弘法市・天神市は、京都の二大縁日として知られています。

back

梵 天


拝観料
金堂:講堂
大人高校生小・中学生
個人500円400円300円
団体350円280円200円
金堂:講堂:宝物館
個人800円700円500円
団体700円560円400円
拝観時間
午前8時30分〜午後5時30分


真言宗総本山東寺<教王護国寺>
TEL: 075-691-3325 FAX: 075-662-0250
TEL: 075-671-9612<拝観受付>
〒601 京都市南区九条町1番地

観光ページの新着・更新情報西本願寺のページへ龍谷大学のページへ京都・島原のページへJR梅小路機関車館のページへ梅小路公園のページへ
京町家のページへ東寺のページへ
Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.
宝蔵 宝蔵

back

HOME