東寺:金堂・講堂

金堂北側
金堂南側
金堂 『国宝:桃山時代』
金堂は東寺一山の本堂で廷暦十五年(796)創建されたと伝えられています。文明十八年(1486)に焼失し、今の堂は豊臣秀頼が発願し、片桐且元を奉行として再興させたもので、慶長八年(1603)に竣工しました。天竺様の構造法を用いた豪放雄大な気風のみなぎる桃山時代の代表的建築ですが、細部には唐・和風の技術も巧みにとり入れています。
講堂
講堂:金堂
講堂 『重文:室町時代』
東寺の創建時にはなかった講堂は、天長二年(825)弘法大師によって着工され、承和二年(835)頃には完成しました。その後大風や地震で大破し、度々修理を重ねてきましたが、文明十八年(1486)の土一揆による戦火で焼失しました。現在の講堂は延徳三年(1491)に再興された建物で旧基壇の上に建てられ、様式も純和様で優美な姿を保っています。

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.