東寺:五重塔

五重塔『国宝:江戸時代』
東寺の象徴として広く親しまれている五重の塔は、天長三年(826)弘法大師の創建着手に始まりますが、しばしば災火をうけ、焼失すること四回におよんでいます。現在の塔は寛永二十一年(1644)徳川家光の寄進によって竣工した総高54.84mの、現存する日本古塔中最高の塔です。全体の形もよく、細部の組ものの手法は純和様を守っており、初重内部の彩色も落着いて、江戸時代初期の秀作です。

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.