太鼓楼

南東からの景観 北東からの景観


太鼓楼
 現在、本願寺境内の北東隅に建つ太鼓楼は、旧来より時を報せたり、法要の合図として打たれていた太鼓を備える重層の楼閣建築である。
 時を報せる太鼓は、山科本願寺において使用されていた事が知られており、江戸時代初期には境内の南東隅に太鼓を吊るした建物があったようである。
 その後宝暦十年(1760)の親鸞聖人五百回忌に際して境内の大規模な整備が行われており、現在の太鼓楼はこの頃に建立されたものと考えられている。なお寛政元年(1789)に第十七代法如上人の時に修復が行われ、この修復の時に新たな太鼓が備えられることとなり、現在は二つの太鼓が残されている。なお古い方の太鼓は、胴部がツツジの木で作られたものとして著名で、奈良の西大寺の遺品と言われています。(太鼓楼内部拝観は出来ません)
西本願寺にある新選組ゆかりの地
 新選組は、池田屋騒動(1864年)以降隊士が増え、壬生の屯所では狭くなった事もあり、慶応元年(1865年)3月10日、屯所を壬生から西本願寺に移し、境内に新選組本陣の看板を揚げ、北東にあった北集会所(現在の参拝会館)と太鼓楼を使用しておりました。

 本願寺は、長州との深い縁もあり、幕末の尊皇攘夷運動のなかで幕府と対立していた長州藩士達が、何かにつけて本願寺を頼りにしていたため、新選組は本願寺の中に本拠を移すことによって一石二鳥の効果をねらったものでありました。

 新選組は、境内で大砲の空砲を轟かせたり、実弾射撃をおこなったり、乱暴を繰り返したため参拝の門信徒や僧侶らを震撼させる毎日であったそうです。

 新選組の活動期間は6年ぐらいであり、大部分が暗殺されていった中、結成時からの元隊士(島田魁)が明治維新後、本願寺の守衛を勤め、終生お念仏を喜びながら太鼓番をしたという話が伝わっております。

 明治6年(1873年)、北集会所は姫路市の(亀山)本徳寺に一部を移設されたため、西本願寺に新選組の足跡を見るのは太鼓楼だけになっています。   「西本願寺発表から」

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.