西本願寺:書院

書院外観図
対面所・書院=国宝
本願寺書院は、桃山時代に発達した豪壮華麗な書院造の様式の代表的なもので、座敷飾(床、違棚、帳台構、付書院)を完備し、金碧障壁画や彫刻で飾られています。書院は、対面所と白書院に大別でき、対面所の西側に雀の間、雁の間、菊の間などの小室があります。白書院の北側には装束の間があり、対面所と白書院のあいだに納戸が二室、両書院の周りに狭屋があります。対面所は寛永年間(1624〜1643)の造立で、白書院はそれよりやや古く、もとは別々の建物でしたが、後になって今のように接合されました。ほとんどの書院の障壁画は、渡辺了慶とその一派の筆になるもので、小室の雀の間は円山応拳門人の円山応瑞とも吉村孝敬の筆ともいわれています。

鴻の間
菊の間
対面所『鴻の間』こうのま
本願寺の書院では一番規模の大きい広間で、ご門主との対面に使われたところからこの名があります。上段正面の欄間に雲間を飛ぶ鴻(こうのとり)の透かし彫りがあることから、鴻の間とも呼ばれています。対面所の構成は上段と下段からなり、下段は162畳敷の広大な座敷で、二列の柱で三つに分けられています。また上段中央には間口の広い床、左端に帳台構、右端の上々段に違棚、付書院を配して、正面に一列に並べているのは御堂の形式を模したもので、本願寺独特の意匠と言われています。
菊の間きくのま
菊の間の障壁画は、金碧に白菊を中心に桔梗、竜胆、朝顔などの秋の草花が、竹垣や綱代垣などの意匠を凝らした垣とともに華麗に描かれています。
天井には金地に扇面散らしが描かれ、各格間に全開や半開の扇が四面、五面と巧妙に美しく散りばめられています。

こけいの庭
書院図
虎渓の庭(特別名勝)こけいのにわ
対面所の東にある虎溪の庭は、桃山時代の様式を伝える特別名勝の枯山水です。虎溪とは中国江西省の盧山にある渓谷のことで、御影堂の屋根を名山・盧山に見立てた借景とし、北側の巨石で表された枯滝から砂礫の川の流れが大海に注ぐ様が表されています。緑泥片岩を中心に庭石を見事に配し、盧山の慧遠法師にまつわる虎渓三笑の故事を偲ばせます。
書院図

黒書院への扉
黒書院『黒書院に至る伝廊の透かし彫り扉』
黒書院は、白書院一の間の東北隅から板敷と畳敷の複廊で繋がっている重層柿葺寄棟造りの瀟洒な建物です。
白書院が公の対面の場であるのに対し、黒書院は内向きの対面や接客、また門主の寺務を行う場として使われていました。部屋も堅苦しい書院造りではなく数奇屋風に造られ、主室の一の間、二の間を中心に茶室、鎖の間、広敷などからなり、周りを入側で取り巻き、東北隅には土庇を設けています。
一の間や二の間、茶室には狩野探幽の見事な水墨画が描かれています。

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.