西本願寺:唐門

唐門外観
唐門 国宝
本願寺の南にある唐門は、入母屋造りの前後に大唐破風を配した黒漆塗に彩色彫刻を施した豪華な四脚門で、日暮門とも呼ばれています。正面梁の間に麒麟と雲文、扉には牡丹に唐獅子の透かし彫りを入れ、両袖壁には中国の古伝説上の隠士の典型である許由(西側)と巣父(東側)の故事を彫刻しています。随所にほどこされた彫刻は極彩色に彩られ、彫が深く厚みがあり、精緻な飾金物とともに黒漆塗の柱や梁に映えて工芸品のような美しさを醸し出しています。
側面の彫り物
正面天井 麒麟の彫刻
麒麟の彫刻
許由が頴川で耳を洗う故事の透かし彫り
門に施された唐獅子彫刻
門に施された唐獅子彫刻
唐獅子の彫刻
唐門南側外観
唐門南側

Copy Right(C) 2001-ALL TonkatsuIchiban All Rights Reserved.